Interview [社員インタビュー]

メディアが注目するイベントや展覧会を
裏方として支える

  • 赤羽紀容樹

    デザイン部チーフデザイナー
    赤羽紀容樹 Noriyuki Akabane

    大学でデザイン・設計を学び、設計事務所を経て、ブランコに入社。空間演出の業界での経験は10年。

  • 安田孝一

    デザイン部デザイナー
    安田孝一 Koichi Yasuda

    展示会のデザインと施工を行う会社でデザインと施工管理とを半々に経験した後、ブランコに入社。

この業界に入ろうと思ったきっかけや経緯を聞かせてください。

赤羽

ブランコに入社する前は設計事務所で建築関係の仕事をしていました。建築の仕事はプロジェクトのスパンや待ち時間が長いんですよ。そして、景気の波に影響されやすいという不安もありました。そこでWEBサイトを見ていたところ、空間演出という仕事もあることに気が付いたんですね。もともと大学のころからデザインや設計の道を進んできたので、CADも使えるしパースも描ける。その流れで自分の技術が生かせれば、と考えました。

安田

僕は前の会社で展示会のデザインと施工の両方をやっていました。ただ、徐々にデザインの仕事が減って施工管理が中心となってしまったんです。やはりデザイナーとして仕事がしたいと思い始めたころにブランコを知ったのですが、展示会だけでなく美術館やイベントなども手掛けていて、面白そうだなと思い転職しました。前職ではデザインと施工管理が半々でしたが、ブランコではデザインだけに集中できます。デザインについていろいろ考えたりするのは大変なときもありますけど、すごく楽しいですね。

デザイナーの基本的な仕事の流れはどのようなものですか?

赤羽

ディレクターがお客さまから相談を受けて、それを社内に持ち帰って打ち合わせして、という流れです。提案までに1週間ほどいただく場合もありますが、大体は3〜4日程度で準備します。例えば会場の平面図があり、こんなイベントをしたいとのご要望をお聞きしてレイアウトを組んだり、イメージパースを作成したりします。ここに商品や説明パネルや原画を置きたいなどある程度指定をいただくこともありますし、会社のコーポレートカラーを使う以外はお任せしますので格好良いものを作ってほしいとお願いされる場合もあります。自由に作ってくださいと言っていただけた時はその分難しさは感じますが、きちんとコンセプトから作って立ち上げていくから、チャンスですね。

今まで二人で携わった中で印象に残っている仕事は?

赤羽

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」です。漫画がナンバーナイン、つまり9つ目の芸術としてルーヴル美術館に認められ、漫画家とルーブル美術館がコラボレーションを行ったプロジェクトがあるのですが、展示会として日本に上陸するということで、森ビルのギャラリーで開催された展示の空間演出を手がけました。お話をいただいてから、まずは担当ディレクターと共にフランスのルーヴル美術館に現地視察に行きました。向こうでは現地の担当者に案内していただき、フリーパスで3日間ずっと朝から晩まで美術館の中にいました。現地の様子を観察するのはもちろん、形だけではなく歴史も学ばないとデザインに入っていけないので、歴史も学びました。

実施風景

実施風景

ルーブル美術館での現地視察

ルーブル美術館での現地視察

安田

赤羽さんたちが日本に帰ってきてから、現地での視察結果としてテイストやしつらえ、歴史などのインプットがあり、提案をまとめていきました。僕は途中からチームに参加したので、最後の仕上げを手伝いました。

赤羽

そのほかにも、二人で共に携わった仕事の中では、あるハイブランドの案件が印象に残っていますね。規模はそれほど大きくないですけど、新宿伊勢丹のイベントスペースで実施されたイベントです。展示されるのは化粧品やフレグランスなどです。化粧品を展示するための什器は細部へのこだわりが多く、また数も多かったので、一人では大変なところもあり安田くんに手伝ってもらいました。空間自体の設計は安田くん、化粧品の什器の制作は自分というように分担しました。ブランドの本国であるフランスから届いたイメージを元に、デザイン意図を深く理解して図面化することで、限られた空間の中にイメージを具現化しました。

伊勢丹新宿店イベントスペースでの展示の風景

伊勢丹新宿店イベントスペースでの展示の風景

安田

自動車メーカーの仕事も印象に残っています。もともと東京駅にショールームがあったのですが、新しいシリーズの車種が出るのに合わせて内装を一新したいというご要望のコンペでした。提案に向けて、まずは現地調査に行き、担当ディレクターと赤羽さんと打ち合わせをして方向性を決めて、デザイン図面を作っていきました。

赤羽

その時は、ラグジュアリーでハイクラスなラウンジを作りたいということで、その車の間接照明や流線型のラインなどからアイディアを得て、イメージを広げて造作に落としていきました。結果、コンペに勝つことができ、無事施工まで行うことができました。

Image

Image

実施風景

実施風景

デザイナーの仕事のやりがいとはどんなことですか?

赤羽

自分たち自身は表舞台には出ないんですよね。ただ、制作したものはメディアによく登場します。描いたイメージパースがGoogle検索などでもよく出てきますし、イベント告知に私たちが描いた絵が出てくることも多いので、やはり人の目に触れる数は多いですよね。メディアに露出すれば注目度が違いますし、それなりに責任感があり、ちゃんと描かなきゃいけないと思いますね。

安田

大きいイベントだとテレビでも紹介されるので、それを見た両親も「紹介されていたね、頑張ってるね」と喜んでくれます。

展示の風景
赤羽

あとは、自分の引き出しが増えたとき、今後可能性がありそうなことを発見したときはやはり嬉しいですね。今後はこれまでの成功体験の中で培ってきたノウハウや型をうまく使いながら、新しいプラスαをしていく方向性を重視したいと思っています。

安田

プラスαといえば、先日、あるアイディアをお客さまに提案して、それが決め手でコンペが決まったことがあったんです。それは園芸の展示会のイベントで、一面の花をバックに写真が撮れるフォトスポットを提案をしたところ、これはインスタグラムなどでシェアするときに写真映えするし、大勢の人が集まるきかっけになるのではとお客さまが気に入ってくださって。そのように喜んでいただけたときはやりがいを感じますね。

Image

Image

就職活動中の皆さんにメッセージをお願いします。

赤羽

就職の面接は会社側が一方的に面接をするというイメージがありますが、せっかく対面してお話できる機会なので、「私はこういうことがやりたいんですけど、この会社で私の技術は活用できますか」と、自分のやりたいことをアピールできると素敵だと思いますね。そして自分に与えられたことを楽しみながら責任持ってやってくれる人、お待ちしております。

安田

ブランコでは、展示会やイベントなど新しい案件に常に携わり、チャレンジして刺激を受けることができます。これだけ回転数の多い仕事をしていれば、技術はすぐに覚えてしまいます。自分の作ったものが世の中に出て行くのはとても楽しいですよ。一緒にいいものを作りましょう。